遅れてきた反抗期

最近妙に反抗的な発想をするおっさんの日記のようなもの

以前はテレビや世間・ネットなどの情報を簡単に信じていた私ですが最近は妙に信じなくなってきたどころか反論すらするようになりました
主にそんな反抗的な見解を書いていこうと思っています
しかし無駄に長かったり話の方向がブレて着地点を見失う癖があります

統計不正問題

ミスなどではなく世の中は人手不足になっているのくらい仕事があるはずなのに数値に現れないために操作して良い数値を出そうとしていると言われていますが、指摘の通りだと思います

なぜそう思うのか?
定期的に行われている景気判断というのが有りますが、あれもおよそ経済を操作して不景気という判断結果を出さないようにしていると感じるからです

ほぼ毎回、全体には現状維持であったり下落気味だったりしますが必ず「〇〇業の〇〇が好調であるため回復基調」というのが付きます

ごく一部が良いだけで回復基調としていますが単に景気が良くなっていることにしたくて制度を弄っているようにしか見えません

「住宅建築が好調であるため回復基調」
こんな時代に家を建てる人が多いなんてやっぱり景気は良くなっているのかな?なんて思ってしまいがちですが、実は「今、家を建てると向こう10年程度税金の控除が受けられます」とか制度を弄っているだけという場合が多いと思います

他にも企業向けに補助金で釣って設備投資させたりなど色々有ります

不正統計の問題は不正に対する質問を総理と副総理が揃って質問返ししたことで真っ黒だと思いました

よく質問に対して質問で返すことは良くないと言われていますが、これは”逃げ”である可能性が高いからです

質問に勝ち・負けが有るとすれば”質問に答えられない””負け”にあたり、質問した側が勝ちとなります
質問に答えられるのは当たり前で引き分けであるため、負けが見えたときにそれを回避する手段として勝ちか引き分けしかない質問する側に回っている可能性が高いと考えます

またネット上を見ていておよそ解ると思いますが、誰かを納得させるのは難しいですが否定するのは簡単です
質問で返すことにより何か答えられたらそれを否定していけばいいわけですから簡単に形勢逆転出来るわけです

元はと言えば消費税増税が全てのブレーキになっているのは明らかです
本来なら世の中に回って景気を押し上げるはずのお金を税金で吸い上げてしまったわけですから景気なんか良くなるはずがありません

景気が良くなれば消費税や所得税という税収は勝手に増えるものですから、それを待って消費税増税すれば数倍の効果があるのに焦ってしまうところがいかにも貧民国なんだなと思ってしまいます

NGT48山口真帆さん襲撃事件について

まず言いたいのはほぼ意味のない情報の欠片を集めて妄想で繋ぎ合わせる劣化週刊誌ごっこはやめるべきです(週刊誌ですら信頼度最底辺だけどそれ以下)

それを妄信して騒いでる人はもっと自分で考える頭を持つべきです
日本は詐欺師が繁殖して海外からすらターゲットにされてるのはこれが原因だと思います
諸外国だって日本には嘘で十分、軽く騙せると思われる節があります
そりゃ国民に対してそう思ってる政治家だって居るでしょう

騒ぐ前にもっと疑問を持たないのでしょうか?

・どうやって難を逃れたのか?
 誰かの通報で警察が駆けつけて逮捕なら話は早い(しかし逮捕は翌日と報道されています)
 つまり山口真帆さんは自力で難を逃れたか誰かに助けられたことになります
 男性2人が本気で襲撃したとしたら自力で逃れる可能性はほぼ0%だと思います

・翌日逮捕ってどういうこと?
 現行犯逮捕なら何の問題もないですが、翌日ということは現場検証から容疑者特定・証拠固め・逮捕状請求まで物凄いスピードで進んだことになります
 こんなことって有り得るのでしょうか?

今のところ、恐らく当事者(と言われている人達)すら解っていることは少ないと思います

山口真帆さんは被害者
 これによって多くの人は正しい判断が出来なくなっていると感じます
 被害者の言う事は絶対に正しい?
 その中には容疑者からの情報もあるらしいですが、そんなもの信用出来る?

山口真帆さんが名指しで批判したのは今村支配人だけ
 これは山口真帆さん自身が今村支配人に対して調査・処分を要求したけど思ったような結果が出ていないことに対してというのは明らかです
 結果、支配人交代となってしまいました
 でもこれは山口真帆さんにとって想定外だったのではないかと思っています

・メンバーについては名指しではなくN3メンバーとしていることについて
 こんなことをしてもしも無関係なN3メンバーが居るとしたら無関係なのに色々掘り起こされてアイドル生命の危機を迎えることが考えられます
 それでもそうしたのは山口真帆さん自身も疑ってはいるけど何の証拠もなく解っていないのだと思います
 明確な証拠があり、繋がりも解っていたら支配人だけではなくメンバーも名指ししていると思います


今回の山口真帆さんによる爆弾配信・SNS投稿について以下の目的だったのではないかと考えます
1.周知の事実にすることにより動きが鈍い(と感じた)今村支配人を積極的に動かすこと
2.メンバーとファンが繋がっているとすればファンを巻き込むことによりファン側からメンバーとファンの疑わしい関係の証拠が出てくると考えた
 もしもそうだとすれば山口真帆さんは日々SNSのチェックをしているものと思いますがどうなのでしょうか?

本気の動きを期待していた今村支配人は移動となり、もはや自分で証拠をつかむしかなくなった上にSNSはゴミみたいな妄想ばかりで絶望していないといいですが…

統合失調症で時効間際の殺人犯逮捕

どうやら時効間際の殺人犯が統合失調症になったせいで自首したようです

どういう事かと言うと統合失調症はかつて精神分裂症と言われた時期が有りました

発作的な症状は自分に危害を加えようとか悪意を持った誰かの声が聞こえるというものですが、他に日常的に自分の行動を実況されている感覚というのがあるようです
よく「監視されている」なんて言葉で言われています

自分と自分を監視しているのも自分、自分に悪意を持っているのも自分
と全ては自分の脳内で作り出しているので分裂と表現されたのだと思います

今回の殺人犯はこの「監視されている」感覚の状態で恐らく自分の犯行のことを思い出したのでしょう

監視しているのも自分自身なので口に出さなくても自分の思ったことは筒抜けなわけです
これにより「殺人が脳内を覗いている誰かにバレた」と思ったようです

この犯人はここ最近は引き籠りだったようです

統合失調症の入り口
・引き籠りなどによるコミュニケーション不足
・悩みなどによる不眠
これが重なったら高確率で統合失調症になると思います
一度発症したらおよそ元には戻れません、注意しましょう

テレビでは指紋鑑定技術の進歩によりこの自首した犯人を逮捕出来たと指紋鑑定技術にスポットを当てていましたが、自首してきた犯人が精神的にまともな状態ではない(言っていることの多くが妄想)というのは問題にならないのでしょうか?

統合失調症

これについてもっとしっかり語っておくべきという出来事があったので書きます

近年増加傾向にある(気がする)統合失調症ですが、世の中では隠されていて滅多に語られることが有りません
恐らく精神の病気は「狂っている」とか「頭が悪い」のような印象があり伏せられるのだと思います
(しかし状況次第では誰にでも起こる可能性があると考えます)

そのために実際に直面した人や周りの人は何が起こっているのか解らずに苦悩する事が多いと感じます
悪化したら覚せい剤による廃人同様で元の状態に戻ることは困難です
だから悪化しない内に治療が受けられるように導いて欲しいんです

ほとんどの人は被害妄想として症状が現れます
完全に悪化してしまうと平和な日常の中で本人だけが戦場に居るかのような状態となり、誰の目にも明らかな症状となります
ここまで悪化してしまうと完治してもほぼ確実に対人恐怖症が残ります
そして対人恐怖症は統合失調症を繰り返し易くします

では周りでどう症状に気付いてあげるのか?

とにかく話を聞きます
もしも誰かが何か嫌がらせ・ストーカーなどの被害に遭っているという話を始めたら以下に注意して聞いてください
ただしその症状故に普段生活している場では話せないかもしれません、本人がここなら大丈夫と思える場所へ移動して聞いてあげてください
しかし安心出来る環境に移ると安心感から眠りに落ちる可能性もありますが、そんなときは寝かせてあげてください(完全に睡眠状態になると目が覚めたとき一時的に正気に戻って自分自身に異変が起きているのだと認める可能性もありますがそれは一時的なものです)

初期症状ならそれほど支離滅裂な話はしないので深く考えないとそのまま信じてしまえそうですが、大抵はしっかり考えたら納得出来ない点が有ります

1.被害者が知るはずのない情報を知っている
  本人は誰かに何かをされただけのはずなのにどうして自分がターゲットになったのかなど遡って加害者に聞かないと解らない背景や設定まで話をする

2.聞こえるはずのないことが聞こえている
  これも1同様ですが本来聞こえるはずのない加害者側の内輪の会話が聞こえている

3.「聞こえた」と言いながら見なければ解らない情報まで話す
  例えば「〇〇を持った人が玄関の扉を叩いた」と言われて人の特徴は見なきゃ解らないはずだけど「見たの?」と聞くと「見ていない」と答える

なぜこうなるのか?
元は脳内で作られた夢のようなものだからです

こうなるには恐らく睡眠不足という状態を経験しているはずなので、ちゃんと眠れているのか聞いてみると眠れないことが多いと答えると思います
(傍から見て寝ているように見えても脳は寝ていないという状態も有りますが、その場合も「寝た気がしない」などの言葉になると思います)

睡眠不足は人に起きたまま夢を見せます
そうならないよう注意しましょう

それから薬による治療に即効性はないと思います(飲んだ瞬間に正気に戻るとか薬が効いている間は症状が治まるというものではありません)
ただ飲んだという安心感なのか精神的には安定して見えました
完治するのは普通の睡眠を取り戻してからかなりの期間が経ってからです
症状が起こっているか見極めるのは難しいですが、傍から見ていて薬を飲み始めて50日程度は症状が続いていたと感じました

パソコンを使えないサイバーセキュリティ担当大臣

正直な感想は「今更それ? ん~…今まで寝てたのかな?寝ぼけて適当な事言っちゃったのかな?」です

多くの人が言ってますが各大臣は担当する分野に従事したことがあるか?と言えばほとんどがNOですよね
知識もそれほど有るとは思えません
下から上がってくる問題や解決案について詳しい人が判断を下してそれを公表するだけの存在じゃないでしょうか?(あれ?大臣要らなくない?)

詳しい事は知りませんが担当を誰にするかって本人が決めたわけじゃないだろうし本人を責めるのも相当筋違いだと思います

つっかかってる人は担当になったんだから『せめて使って少しでも覚えなさいよ』と言いたいのかも知れませんが、一般的な使い方は覚えられてもセキュリティーについての必要な知識はたぶん一生かかっても全部覚えることは出来ないでしょう?(日々状況は変わっていく世界だし)
農林水産大臣に漁に出ろとか杉の伐採に行けとか聞いたことないですよね

あとパソコンの知識について言えば「自称詳しい人」はまぁいいです(色んな本なんかを読み漁って知識を蓄積した人だろうから)
でも「自称ハッカー」「自称クラッカー」というのはどうかと思います
何が出来るかと言えば多くの人は誰かの作ったソフトウェアで何かを解析したり、誰かの作ったウィルスを忍び込ませたりとアプリケーションの利用者でしかありません
原理や方式を全て理解して自分で作れるくらいになってから言って欲しいものです

動機不明な犯罪

先日、比較的よく見る番組で近年有りがちな『誰でもよかった』『殺してみたかった』という(恐らく一定世代以上の常人には)理解し難い犯罪について語られていました

その番組では何かの専門家を招いて話を伺っていましたが、何か差別的思考を持っているのか「4歳くらいでその傾向が有ることが解る」などと生まれたときから人間ではないかのように決めつけている気配でした

そんなものはそこから大人になるまでで変えようと思えば変えられると思います
なぜそういう人が大人になってそういう犯罪を起こすかと言えば、4歳まででそうなってしまった環境(主に家庭)を大人になるまで変えずに育てたからです

『人間らしさ』(各国の文化によって『人間らしさ』は違うと思いますが)を持ち合わせていないことは解っていて、どうしてそうなったかを考えずに元々違う人間なんだと考えているので解決策が判らないのだと思います

ここで言う『人間らしさ』とは他人を思いやる気持ちや命に対する考え方だと思いますが、昭和辺りから標準的になった核家族化に原因があると思います

なぜ簡単に命を奪うことが出来るのか?

大人になるまで親しい人の死というものを体験していないために人が死んだら悲しむ人が居るということが解らないのです
これは祖父母や曾祖父母が同居していても近年の寿命では体験しない可能性も有りますが、肉体的に衰えていく姿を見て労わる気持ちは持てます

核家族でも自分が存在する以上は必ず祖父母や曾祖父母が居るのですが、年に1回会うかどうかの人が遠くで亡くなっても『人間は歳をとると死ぬんだ』くらいの認識で大した悲しみも持たないと思います

更に核家族ではコミュニケーションが不足します
コミュニケーションは日本人の感覚での『人間らしさ』を覚える上で欠かせないものです
誰も居ない家に帰って夜まで待ってやっと帰ってきた親とそれほど話す時間もなく就寝時間なんて家庭も有ると思います
家族がどんなに子供のことを大切に思って育てていても子供とのコミュニケーションが無ければ子供にそれは伝わりません
それが伝わらなかった子供はちょっとしたことで親すら殺すかもしれません

近年、コミュニケーションが苦手な人が増えて色んな場面でコミュニケーション不要なシステムが有難がられていますが、更にコミュニケーション障害を増やすかなり危険なことだと思います

何世代かが同居すれば幼少期の子供の世話は祖父母がすることが多いと思います
子供は祖父母の他人とのコミュニケーションを見て他人との距離感やコミュニケーションの方法を学びます
また初めての子供を育てる場合、親は何も知らないので間違った育て方をする可能性が高くなります
これも祖父母が同居していれば即座に間違いを正すことが出来ます

しかし核家族化にるコミュニケーション障害に近い人が既に老後を迎えつつある時代にこんなことを言ってももう遅いのかも知れません

ノープロブレム(いや問題ありすぎ)

バカ

世の中には「バカ」などと言われて無条件に怒り出す人が居ますが思考停止していませんか?

恐らくその人の中では

・「バカ」と言われた
・バカにされている
バカにされる覚えはない
・言い返さなければならない

という理屈で完結しているのだと思います
そして怒るということは「バカにされる覚えはない」が必須だと思います

ここでなぜバカにされる覚えがないのにバカにされているのか疑問に思わないのでしょうか?
本来ならばバカにされる覚えがないなら何についてバカと言われたのか質問するべきだと思います

そういう意味でバカと言われて直情的に怒る人は本当にバカなのかもしれません
(本当のことを言われたときにだけ怒る人も居ますがこの場合も同様です)


そしてもう一つ、主に子供の言い返しで

バカって言った方がバカなんだ

というのが有りますが、これはその通りだと思います

言う方がバカでなければ「バカ」という何を指摘したいのか判らない言葉など使わずに、バカだと思った行為などについてしっかり言葉にして伝えられると思います

万能な言葉ほど役立たずです

「マジ卍」 いったい何が伝わるのでしょうか?

ふざけて使う分には問題ないですが癖になって大事な場面で出てしまわないように気を付けましょう